読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

It's my RPG.

日々のささやかなこと。

【理想と現実の狭間で】削ぎ落とすという作業で得られる快感

SLOW_minimalize

理想【必要時にさっと出せる】

現実…自分なりに収納場所を決めているつもりが、入りきらずにとりあえず別の場所に入れたり、収納するための入れ物が多すぎて、結果あちこちにモノが散らばっている状態で、どこにあるのか探すことが多い

 

快適な空間はどんなものかを考え、少しずつ創り上げていく。それをぼちぼち記録。

 

職場の机

  1. 道具の在り処を把握している
  2. 必要な時にすぐに取り出せる
  3. 必要なモノしかない

公共の空間の中での自分のスペースは管理・制御されている感じがする。

 

収納場所があやふやなモノ

こと自分の部屋となると、上記3点は全て崩れ去る…ただの見栄っ張りなのか…

  • 旅行やアウトドア用品など日用品以外
  • まだ読んで無い本
  • 普段読まないけどとってある雑誌や本
  • 季節の変わり目で着たい服
  • いつか使えるかもと取っておいたモノたち
  • 着るような着ないような服
  • 思い出の品
  • 昔の教材
  • スクラップ用パンフ、チラシ
  • 使わないけど、まだ使える文房具
  • 歴代の手帳
  • メモにしようととってある裏紙
  • 毎年の年賀状
  • 紙袋とか

…挙げるとキリがない。必要な時に慌てて探すけど見つからない。結果、使わないorまた購入。そして後日どうでも良い時に見つかって悶絶する…そういう事の繰り返し。

そんな自分を変えていきたいと思う。

 

何をするか

複雑で面倒な事は嫌いじゃないけれど、日常生活の中に組み込むときっとそのうち放置してしまう。

そこでLess is more.な設定をしてみる。

 

  1. 必要なモノを厳選する
  2. 場所を決める
  3. その場所に収まる分だけ持つようにする

 

不要なモノに翻弄されている。だからこそ、

『お前にやるスペースはねぇ!』

という強い心が必要だろう。とっておく習性のある自分には、精神力の鍛錬にもなる。

 

必要なモノは何か

  • 飽きずに使い続けているモノ
  • 使い勝手が良いモノ
  • 使う事が決まっているモノ

心から好きなモノと絶対に使うモノを厳選してみよう。その為にはまず大雑把にモノを減らす必要がある。

 

使うかもしれないモノの9割はたぶん使わない

とりあえず『なんとなくとってあるモノ』を処分してみる事にした。

 

①歴代の手帳

f:id:aaa41:20160703070307j:image

MOLESKINEのマンスリー。これと出逢うまでは1年を通して同じ手帳を使い続ける事が出来なかった。途中で飽きて年の途中で手帳を変えたり…自分にしっくりきた嬉しさから、歴代のMOLESKINEを引き出しに保管していたけれど…

 

さようなら!

 

②パンフレットやチラシ

f:id:aaa41:20160703075513j:image

スクラップしようと思って取っておいたもの。結局追いつかずに取っておくに留まっている。『いつかやりたい』はきっと実現しない。これからを記録する事にして、今までの分は…

 

さようなら!

 

③サイン帳

小・中学生くらいの時に流行った友達のプロフィールとかメッセージを書いてもらったもの。

一通り目を通して、思い出は心の中に…

 

さようなら!

 

④かつての講義資料、ノート、教科書

f:id:aaa41:20160703080755j:image

の一部…

 

さようなら!

 

今日のところはこれくらいにしといてやるか。